顧問弁護士を知る

顧問弁護士のイメージ

顧問弁護士とは特定の会社と顧問契約を結ぶことで継続的に法律面のサポートをする専門家スタッフのことで、イメージとしてはよく「主治医」として例えられます。
主治医は特定の患者の病気の情報を持った上で治療を行っていく存在ですから、持病があっても主治医であれば的確な判断を下せる可能性はぐんとアップするでしょう。
これは顧問弁護士も一緒で会社の内情や実情を心得たうえで法律面でのサポートをしていく存在であるため、会社の主治医と言えるわけです。
ここで言う会社の病気というのは法律トラブルのことですが、実は法律トラブルというのは顕在化しているものばかりとは限りません。
中にはまだ顕在化していない法律トラブルというものもあり、顧問弁護士がいない企業はまだ見えていない法律トラブルに気づかないまま会社運営を行ってしまいます。
そうなると法律トラブルが大きくなってから対処をせざるを得なくなりますから、やはり主治医として顧問弁護士を付けておくことのメリットは大きいと言えるでしょう。

顧問弁護士を付けるメリット

企業が雇い入れる専門家の一つとなっているのが顧問弁護士ですが、雇うには高額な費用がかかるためにまずそのメリットを知りたいという人は多いです。
では顧問弁護士を付けるメリットは何かというと、大きいのは会社の実情を把握している弁護士を得られることです。
実際のところ弁護士は相談をされれば受け付けていますから、顧問としなくとも相談をすることは可能です。
しかし会社の実情を把握できていないと法律に沿った解釈や一般論しか出せず、会社が抱えている問題の本質を見られないままアドバイスをすることがあります。
顧問として雇っておけば普段から会社の情報を共有していけますから、より会社の状態に合った的確なサポートを貰うことが可能になるのです。
また顧問契約を締結しておくことで弁護士費用を削減できるというのも大きなポイントと言えるでしょう。
法律トラブルがあった時にだけ弁護士に依頼するとなるとかなりの額の出費となりますが、顧問契約は法律問題が起きていなくともかかる分割安な価格が設定されています。
しかも先ほどのメリットと合わせれば法律トラブルを予防し、発生しても準備がある段階で対応に入れますから被害の拡大を最小限に防ぐことが出来るのです。
こうしたことは顧問弁護士として雇ったからこそ得られるものですから、法律トラブルへのリスクヘッジを検討しているのであれば顧問契約を結ぶことを考えてみると良いでしょう。